夕方からでも負けられない!?
主に夕方からしか打てないスロリーマンの奮闘日記♪辛いと言われている北斗の拳SEを含め、島唄・秘宝伝のハイエナ狙い等、がんばってます☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方からスロットで勝つには!?
自分は仕事をしているので夕方からしか打てない・・・
だから高設定もなかなか座れず勝てない・・・
なんて思っている人いませんか?? 

そんなことありません。実際私は、夕方からでも
約60%以上は勝っています
そんな訳で勝率アップの為、いくつか思い当たることを
書いてみます
(スロプロではないので、たいしたことこと書けませんが・・・)

 打つ機種は理解(勉強)してから打つ

 打つべき機種を考える(機械割り・ハイエナ等)

 店を選び「優良店」を探す(かなり重要!)

 客層・客のレベルを見る



ですが、打つ台がどういう台なのか分かっていなければ、
まず勝てません。もし仮に最初に勝てても、長期的に見れば
ほぼ負けるでしょう 
(ゾーンやヤメ時も分からずハイエナされる可能性:大)
逆に言えば、おいしい台が拾える可能性がある訳です。
チャンス台を拾う為にも、色々な機種を広く深く知る必要がある
と思います。

ですが、「機械割り」と言う言葉を知っていると思いますが、
この数値が高いほど、勝つ確立が上がるわけです。
少し前までの「北斗の拳」や「南国育ち」の設定6などは、
かなり甘い方の台でした。

それに比べ、今の台ははっきり言ってキツいです。
「押忍!番長」「秘宝伝」「北斗の拳SE」など、
設定6でも、結構負けます。(毎日設定6を打てたら、
理論値的にはその内プラスになるのかも知れませんが・・・)
ですから、低設定を打つのは論外です。(ハイエナは別として)
したがって、高設定を取れなかったときの立ち回りが重要になります。

その手段が「ハイエナ」です。ストック機に関して言えば
ある特定のゲーム数から打てば、期待値がプラスになる」 
という特徴があります。
今ではそんなおいしい台はなかなか落ちていないと思います。
しかし、この条件を満たした台を沢山打つことが出来れば、
1日高設定を粘るよりも、高い期待値を得ることが可能です。

最近私がやっているのは、北斗SEの高確狙いです!
北斗SEは辛い機種で、ゾーンなどはありませんが、
ズバリ、高確だけを狙っていけば、結構勝てます
そのためにも高確演出が重要になってくるのですが、
今、人気が無いだけにかなり拾えます) 
高確演出はまた後でまとめて書きます。



  ↓オシャレな商品がいっぱいです



[夕方からスロットで勝つには!?]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。